よくある質問

ご利用者用

Q.利用したいのですがどのようにすれば良いですか。
A.ご担当ケアマネジャーがいらっしゃる場合は、ご担当ケアマネジャーにご相談ください。
ご担当ケアマネジャーがいらっしゃらない場合は、
当ステーション(06-6531-3500)まで直接ご連絡ください。
また、当社ホームページ「サービスについて」にも「サービス開始までの流れ」が
掲載されていますので、ご参照ください。

Q.自宅に来てもらうにあたり、何か準備しなければならないことはありますか。
A.普段通りで結構です。 普段以上にお気遣い(訪問時の飲食物のご提供・お中元・お歳暮)
いただくことは、ご利用者・ご家族のご負担が増しますのでご遠慮させていただいております。
また訪問スタッフは、自動車・バイク・自転車等で訪問させていただくことが多いので、
お近くに駐輪・駐車できる場所があれば教えていただけると助かります。
また、看護・リハビリのサービス内容により、ご自宅でご準備いただく物品、
衛生材料がある場合は事前にご相談の上、ご準備をお願いいたします。

Q.退院後、すぐに利用できますか。
A.訪問看護指示書によるご指示を主治医の先生から頂戴し次第、ご利用が可能となります。
※ご利用をご希望の場合、主治医の先生・ご担当ケアマネジャーにご相談の上、
当ステーションにご連絡を頂戴できますと円滑に開始できます。

Q.利用者情報を開示してほしいのですが
A.当ステーションで作成しております記録に関しましては、
原則ご利用者ご本人のお申し出により開示させていただきます。
また、当ステーションが作成していない記録に関しましては、
各発行元に確認が必要となります。開示手続きに関しましては、
当ステーション(06-6531-3500)まで直接ご相談ください。

Q.急なお休みの場合、キャンセル料は発生しますか。
A.急な体調不良や止むを得ない急用等であれば、
発生しませんが、旅行に出掛けていた、遊びに行っていた等、
事前にご連絡をいただける状況にあったにも関わらず
ご連絡をいただけずお休みであった場合はキャンセル料が発生する場合があります。

Q.確定申告時に医療費の証明書が必要となるのですが
A.毎月発行される領収証が証明書となりますので、大切に保管をしてください。
領収証をご紛失された場合は、お申し付けくだされば、ご利用証明書を発行させていただきます。
※領収証の再発行は致しかねますので、ご了承ください。

共通

Q.サービス提供エリア外でも訪問してもらえますか。
A.当ステーションのサービス提供エリアは、大阪府下全域となっておりますが、
エリア外でも可能な限りお伺いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

Q.交通費はかかりますか。
A.普段からお近くで活動しているスタッフが伺いますので、交通費は、頂戴しておりません。

Q.主治医とはなんですか。
A.主治医とはご利用者が選んだかかりつけの医師を指します。

Q.入院中も利用できますか。
A.ご入院中に一時外泊された時に医療保険でご利用いただけます。
※事前にご入院先主治医の先生から訪問看護指示書の発行が必要となります。

Q.サービス利用は週何日が適当ですか。毎日来ていただくことは可能ですか?
A.ご利用日数・回数に関しましては、ご利用者・ご家族のお話を踏まえ、
主治医の先生のご指示の内容・ご担当ケアマネジャーのケアプラン・担当訪問スタッフの
専門的見地より総合的に決めさせていただきます。

Q.訪問看護指示書について
A.訪問看護指示書を発行できるのも主治医のみとなりますので、
複数の訪問看護ステーションをご利用の場合、お手数でしょうが、
当ステーション(06-6531-3500)に事前にお知らせください。

Q.訪問看護指示書を発行するにあたり料金はどれ位かかりますか。
A.通常は、主治医の先生の診察時に
訪問看護指示書料300点(3割負担の方は900円、1割の方は300円)が
医療機関からの請求となります。
詳しくは訪問看護指示書発行医療機関にお問い合わせください。

Q.訪問看護指示書を発行するにあたり料金はどれ位かかりますか。
A.お断りがない限り訪問看護指示書更新依頼につきましては、
当ステーションより手続きさせていただきます。
(指示書の最長有効期間は6か月以内になります。)
※更新の都度、訪問看護指示書料が診察時に発生します。

Q.民間保険・公費負担での利用はできますか。
A.労災・公害・保険会社の保険・生活保護・原爆・特定疾患治療研究事業なども
ご対応させていただいております。
詳細に関しましては、当ステーション(06-6531-3500)まで直接ご相談ください。

ケアマネジャー、関係事業所用

Q.介護保険・医療保険どちらにするか選べますか。
A.主治医の先生から発行される訪問看護指示書の主たる傷病名・状態で適用保険が決まりますので、
選ぶことはできません。

Q.主治医とはなんですか。
A.主治医とはご利用者が選んだかかりつけの医師を指します。
また、訪問看護指示書を発行できるのも主治医のみとなりますので、
複数の訪問看護ステーションをご利用の場合、お手数でしょうが、
当ステーション(06-6531-3500)に事前にお知らせください。

Q.退院前カンファレンスに参加してくれますか。
A.当ステーションでは、可能な限り参加させていただきます。
ご自宅に帰られる前のご不安な時期にお顔を合わさせていただき、
ご入院前・中のご様子を伺わせていただくことにより、
より安心してご自宅に帰っていただくことができるので、とても重要であると考えております。

Q.ケアマネジャーへの定期的な報告はありますか。
A.介護保険ご利用の場合、ご担当ケアマネジャーへ訪問看護報告書にて報告させていただきます。
医療保険適用の場合であってもお申し付けくだされば、報告させていただきます。

Q.一人のご利用者につき複数の訪問看護ステーションの利用は可能ですか。
A.介護保険では、ご利用制限はございません。
医療保険では、1ヵ所の訪問看護ステーションからのご利用しかできません。
厚生労働大臣の定める疾病等の対象ご利用者は2ヵ所まで毎日訪問看護が予定されている場合は
3ヵ所まで認められていますが、同日に訪問することはできません。 
※医療機関からの訪問看護は含みません。

Q.ご利用者の相談だけでも良いですか。
A.勿論ご相談のみでも結構です。
必要なのか、どのようなことをするのか等を知っていただいくことは重要ですので、
お気軽にお申し付けください。

Q.訪問看護指示書のコピーまたは、見せてもらいたいのですが。
A.訪問看護指示書は、主治医の先生より当訪問看護ステーション宛に発行されているもので、
守秘しなければならない情報がある場合がございます。
コピーをお渡しする場合、事前に主治医の先生のご承諾が必要となります。

Q.特別訪問看護指示書が発行されたのですが。
A.特別訪問看護指示書が発行されましたら、お手数でしょうか、
関係する訪問看護ステーションまでお知らせください。
特別訪問看護指示書が発行されれば、介護保険の対象の方であっても発行期間中は
医療保険の適用となります。訪問看護指示書・特別訪問看護指示書の発行主治医の先生は
お1人ですので、ほかの訪問看護ステーションにも適用されます。
介護保険では、複数ヵ所の訪問看護ステーションがサービス提供できますが、
医療保険ですと出来なくなることがございます。

Q.介護保険で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるサービス提供は
週何回でも良いのですか。

A.介護保険においては、制度上、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるサービス提供は、
他の訪問看護ステーションを含めご利用者1名に付き1週間で6回(120分)が限度と
なっております。

Q.訪問看護指示書の雛形はありますか。
A.当ステーションでは、日本訪問看護振興財団が作成した訪問看護指示書を
雛形として使用しております。

Q.医療機関の訪問看護指示書を使用できますか。
A.訪問看護指示書に必要な事項が記載されていれば、ご使用いただけます。